11月おすすめ作品4

今回のおすすめ作品は、「荒川 豊蔵」です。

プロフィール

生年:1894年 3月21日 ~ 1985年8月11日

出身地:岐阜県多治見市

職業 : 陶芸家(美濃焼)

概要

1927年 北大路魯山人が鎌倉に築いた星岡窯を手伝うため鎌倉へ.
魯山人が収集した膨大な古陶磁を手にとって研究し、星岡窯の作陶に活かした。
1933年 星岡窯をやめての可児市久々利の大萱古窯跡近くに穴窯をつくる。
1946年 多治見市にある虎渓山永保寺所有の山を借り受け水月窯を作る。
1955年 志野と瀬戸黒で重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定される。
1960年 宗達画・光悦筆 鶴図下絵三十六歌仙和歌巻(重要文化財:現京都国立博物館蔵)を発見し入手する。
1971年 文化勲章受章。

人物像・作風

桃山時代の志野に陶芸の原点を求め、古志野の筍絵陶片を発見した可児市久々利にある牟田洞古窯跡のある大萱に桃山時代の古窯を模した半地上式穴窯を築き、古志野の再現を目指して作陶を重ねた。終には「荒川志野」と呼ばれる独自の境地を確立した。斗出庵、無田陶人と号す。

引用:Wikipedia

是非、来館してご覧ください。