9月おすすめ作品2

今回のおすすめ作品は、「高島 野十郎」です。

プロフィール

生年:1890年8月6日 ~ 1975年9月17日

出身地:福岡県久留米市

職業 : 画家

概要

1921年 初の個展を開き、「椿」・「けし」等を展示。
1924年 二回目の個展を開く。
1929年 北米経由欧州独・仏・伊へ旅立つ。
1933年 久留米の実家に戻り、酒蔵をアトリエとし「椿柑竹工房」と名付ける。
1935年 博多・中洲の生田菓子舗で滞欧作品展を開催。
1975年 心不全で死去。
1988年 東京・目黒区美術館の野十郎展に合わせ、久留米市山本町耳納の曹洞宗観興寺に野十郎碑が建てられる。

人物像・作風

大正 – 昭和の画家。独学で絵の道に入り、透徹した精神性でひたすら写実を追求。終生家族を持たず、画壇とも一切関わらず隠者のような孤高の人生を送った。本名彌壽(やじゅ)、字は光雄。

引用:Wikipedia

是非、来館してご覧ください。