11月おすすめ作品4

今回のおすすめ作品は「神田川 俊郎」様です。

プロフィール

生年:1939年11月15日 ~

出身地:京都府京都市

職業 : 料理人・料理研究家・実業家

概要

京都市立近衛中学校卒業。大阪「洗心亭」「なだ万」で修業の後、創作おでんの店での独立を経て、1965年、大阪府大阪市北区に和食料理屋「神田川」を開店。
メディアには積極的に出演しており、「笑点」での料理コーナー(知人だった三波伸介が司会の時代)、よみうりテレビ「2時のワイドショー」、「Beアップル2時!」の人気コーナーだった「神田川料理道場」の師範(料理指導)役で人気を博した。さらに「料理の鉄人」(フジテレビ)では鉄人(陳建一、道場六三郎など)たちと数々の名勝負・名パフォーマンスを繰り広げ、弟子を教育の一環として出演させた。番組内では「関西料理界のドン」という番組演出上の設定がなされた。一時期、エバラ食品や伯方の塩のCMキャラクターも務め、全国区の知名度を誇っていた。

人物像・作風

神田川の名は祖父が東京、京都に開いた鰻屋「神田川」からとったもの。テレビ出演、食商品の監修、イメージキャラクター、食の講師、ディナーショー、講演会、料理本の監修、レシピの提供等に活躍。料理で人に喜んでもらうことを一番の喜びとしているという。テレビ番組においては、自慢の包丁さばきを見せながら、得意の話術を披露している。

引用:Wikipedia

是非、来館してご覧ください。