8月おすすめ作品3

今回のおすすめ作品は「佐伯 祐三」様です。

プロフィール

生年:1898年 4月28日 ~ 1928年 8月16日

出身地:大阪府

職業 : 洋画家

概要

1917年 川端画学校に入り、藤島武二に師事。
1924年~1926年 約2年間パリに滞在。前田寛治、里見勝蔵、小島善太郎らと「1930年協会」を結成する。
1927年より2度目の滞仏。その後ふたたび日本の土を踏むことは無かった。

人物像・作風

画家としての短い活動期間の大部分をパリのモンパルナス等で過ごし、フランスで客死した。佐伯の作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多い。佐伯の風景画にはモチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色である。作品の大半は都市風景だが、人物画、静物画等もある。

引用:Wikipedia

是非、来館してご覧ください。