8月おすすめ作品3

8月のおすすめ作品3番目は、加山又造様です。

加山又造_あざみ

プロフィール

生年:1927年(2004年没)

 

出身地:京都府京都市上京区

 

職業:日本画家・版画家

 

概要

西陣の染色図案家の父の家に生まれ、京都市立美術工芸学校(現京都市立銅駝美術工芸高等学校ならびに京都市立芸術大学)、東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業し、1950年に季創造美術展に「自画像」「動物園」が初入選、研究会賞を受賞。その後大学教授を勤めつつ画業を行っていました。

1997年文化功労者に選ばれ、2003年文化勲章を受章しています。

 

この絵について

加山又造様はシャム猫をモチーフに多数の作品を描かれていますが、毛の一本に至るまで精緻に描かれた、きれいな絵です。

また、背景がなく、花と猫だけであることがより一層対象に没入するきっかけとなっているかと思います。

「余白を恐れるな」とはデザイン界隈ではよく言われることですが、この絵を見ているとその言葉の意味がよくわかります。

 

ぜひお越しいただき、実物をご鑑賞ください。