5月おすすめ作品2

今週のおすすめ作品は片岡鶴太郎様です。

昔はものまねやバラエティー番組に出ている印象が強かったのですが、今ではすっかり芸術家としての顔が有名になっています。

今年(2019年時点)で64歳ということですが、1989年にドラマで棟方志功さんを演じたことがきっかけで芸術方面に力を入れていったそうです。

絵を描きだした当初から水墨画をされており、大学の講師や他の人に教えるほどの腕前とのことです。

記事の画像は海老ですが、調べたら鯛や海老などの縁起物をテーマとすることが多くあるようです。

水墨画と聞くと素朴なイメージがありますが、色遣いが華やかで縁起物にふさわしい印象を受けます。

色遣いが細やかなため、ディスプレイ上では魅力が十分に伝わらないのが残念です。ぜひ一度お越しいただきご覧ください!